★ パーソナルトレーニングの口コミ記事はこちら ★

お腹に効く|シットアップのやり方

ジェクサー上野店のマシンで解説します。

タップできる目次

シットアップのやり方を解説

テクノジム社の腹筋台

腹筋台は別名アブドミナルベンチとも呼ばれています。シットアップというのはトレーニングの種目名です。

主に働く筋肉

お腹の筋肉(正面から見た画像)

重量

  • 上体が負荷になる
  • ベンチの角度を下げると負荷が上がる

ベンチ角度の調節はしっかり両手を使って行い、設定した後は軽く上から押して固定されているか確認しましょう。

動作とポイント

効果

  • お腹のシェイプアップ

準備

負荷と回数

  • 1セット10〜15回できる負荷を設定
    (ベンチの角度を変える)

シートの角度

  • 黄色いピンを引きながらシートの端を持ち
    やりやすい角度にする
    (はじめはフラットに設定)

足の幅

  • できる範囲でとじる

足場の高さ

  • 仰向け時に膝と股関節が45°ぐらい曲がるように調整

両手の位置

  • 手の甲を頭に当てる
    (後頭部を強く押さえないように)

動作

上体を丸める

  • 腹筋を使って首周辺から腰までの背骨を1つ1つシートから離していくイメージ

ゆっくり戻す

  • 丁寧にコントロールしながら戻す

腹筋台の設置場所

  • ジェクサー上野店の腹筋台は4台
  • ジムに降りるスロープから見て右側に設置

はじめは迷うかもしれませんが、1年後には自分の庭ようになっているでしょう。

よくある質問と回答

腰が痛くなるんだけど?

猫背が原因で腰が痛い人がこの運動をやると、もっと身体が丸くなってしまう可能性があります。
腹筋運動にこだわらなくても、他のトレーニングを行う中で体幹が機能するようにしましょう。

首が痛くなるんだけど?

両手で後頭部を強く支えると首を痛めてしまいます。手の甲で頭に触れるようにしてみましょう。

腹筋はいつも最後にやるの?

私はいつも腹筋運動を最後にご案内しています。順番に正解はありませんが、腹筋が疲れている状態では体幹を維持する力が弱くなってしまいます。

  • URL Copied!
タップできる目次
閉じる